KURAGE online | 大宜味村 の情報

KURAGE online | 大宜味村 の情報

「 養殖場 」 の情報 

国内初のエビの伝染病 養殖場周辺の海域に広がる恐れは低い農水省が見解

大宜味村にあるエビの養殖場で国内初となるエビの伝染病が確認された問題で、農林水産省の専門家会議は施設… もっと読む · greencardoffice.

エビ大量死、感染源は輸入稚エビ 「海域への影響低い」 農水省会議

輸入した稚エビは7月下旬から8月8日までの間にタイで感染し、大宜味村の養殖場に到着後、発症した可能性が高いという。養殖場で病気が発生した

“エビ伝染病 周辺に広がる可能性低い” 農水省の専門家会議

沖縄県大宜味村にあるエビの養殖場で、「バナメイエビ」が大量に死んでいるのが見つかり、10月、国内で初めての発生となる「急性肝膵臓壊死症」

養殖エビが伝染病で大量死、食卓に影響は? ヒトへの感染事例ないが…

県農林水産部によると、県北部の大宜味村にある養殖場は8月9日、バナメイエビの稚エビ約10万匹をタイから輸入。飼育状況報告書が提出され

伝染病エビの水が海に流出

... だエビを飼育していた水が海に流れ出ていたことがわかりました。 この問題は、今月、沖縄県大宜味村の養殖場で、大量死したバナメイエビから…

エビ養殖を始めたばかり 落胆する事業者「雇用や産業を生みたかった」

【大宜味】急性肝膵臓壊死症(AHPND)でバナメイエビが大量死した大宜味村の養殖場の男性代表は19日、本紙の取材に「病気の遺伝子を持った

沖縄県の養殖場で「バナメイエビ」大量に死ぬ 国内初の伝染病

沖縄県大宜味村にある養殖場で、エビが大量に死んでいるのが見つかり、検査の結果、まん延すると養殖業に重大な損害を与えるおそれがある

沖縄でエビ大量死 国内初の特定伝染病 養殖業に蔓延の恐れ

県農林水産部によると、AHPNDの発生が確認されたのは県北部の大宜味村にある養殖場で、10月8日、タイから輸入されたバナメイエビ約10

Copyright© KURAGE online | 大宜味村 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.